レーシックとは

スポンサードリンク

レーシックとは、レーザーを使い、眼の角膜を削って、屈折力を調整して視力回復させる手術のことをいいます。
レーシックによりメガネやコンタクトが必要なくなり生活が快適になります。

世界的に有名なスポーツ選手をはじめ、日本でも色々なな著名人がレーシックにより視力を取り戻したことで、
テレビや雑誌媒体のメディアで多く取り上げられています。


◎レーシック手術のメリット



@術中は、当然麻酔をかけて行うので、術中、術後の痛みがほとんどありません。


Aレーシック手術は当日で終わるので、入院の必要はありません。

手術時間は、片目でトータル10分〜15分程度という短さも痛みを伴わない大きな理由になっているものと思われます。
ただし、手術の当日車の運転を行うことは危険です。





B術後の回復が早い

レーシック手術は、角膜を切って手術を行うため、切った角膜を元に戻す形で処置することになります。
感染などに対する処置さえしっかり行っていれば、拒絶反応などの副作用はないので、治癒する時間が短くて済み、術後の回復が早くなります。
普段の日常生活を送ることは可能になります。




C裸眼での生活が行えるようになる

・メガネやコンタクトレンズのケアをする必要がなくなった(購入費、維持費が不要)
・眼精疲労や肩こりの軽減
・コンタクトレンズによる眼病や充血などの心配がなくなった
・メガネやコンタクトによるスポーツへの支障がなくなった





レーシックのメリット・デメリット

メガネを不要にするレーシック手術

メガネやコンタクトレンズなしで視力回復を実現するレーシック手術は、画期的な治療法として日本でも利用者が増えています。スポーツ選手など動作の激しい運動する場合、コンタクトレンズでは運動中に外れるなどのトラブルがあります。そんな有名人がレーシック手術を受けるなど、着実にレーザー手術による視力回復を試みる人が増えています。
しかし、レーシック手術はたくさんのメリットがある一方で、特定の医療機関で感染症が広まる事例が報告されるなど不安を覚えることもあります。レーシック手術の功罪をよく理解し、適切な医療機関で手術を受けるようにしましょう。

レーシック手術のメリット

メガネ、コンタクトが不要になるレーシック手術により、90%の人は裸眼で視力1.0以上になる 日帰り手術レーシック手術はほとんど痛みがなく、日帰りで手術を受けられる

レーシック手術のデメリット

健康保険は適用されないレーシック手術は健康保険は適用されず自由診療となる
価格は医療機関により10万円〜50万円と価格差が大きい。 手術が失敗するリスクはある確率は低いが、手術が失敗したり、合弁症を発症することがある 角膜に傷が残る他人からは見えないが角膜に微細な傷が残ることにより
像のコントラストが低下したり、「まぶしさ」を感じることがある。
レーシックに用いられるレーザー装置は性能が向上し、安全性や医療の質は格段に良くなっています。しかし、医療従事者の技量や経験などによって問題が発生することもあります。レーシック手術のメリット・デメリットを理解し手術を受けるか判断しましょう。

(参照:レーシック - Wikipedia)




スポンサードリンク
Copyright (C) レーシックを受ける前に確認しておくポイント. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。