レーシック 費用と保険

スポンサードリンク

レーシックは、最先端の医療技術を受けるためある程度の費用はかかってしまいます。

しかし最近では、眼科やレーシック専門クリニック、大学病院で価格競争が始まり、 高い技術・低料金でレーシックが受けれるようになりました。



◎レーシックの相場とは?

レーシックの平均的な手術費用は、両眼でだいたい10〜20万円前後で、年々レーシックにかかる費用が安くなってきてます。

手術を失敗しないためには、やはり高度な治療を受ける以外に選択肢はありません。
最先端の機器を使っている高度な治療の相場は、軽く10万円を超えています。


大して知名度ないようなクリニックが、10万円以下でレーシックを行っている場合注意するべきでしょう。


大手レーシッククリニックで手術を受けるのがベストです。

事前の情報収集をもとに安全性の高いクリニックで、多少費用が高くなっても、成功率が高い治療を選びましょう。



◎大手レーシッククリニックの魅力


レーシックを受ける人の90%以上は、大手レーシッククリニックで手術を受けています。

技術力の高い医師に最新の機器を取り揃えており、レーシック手術の費用は一般の眼科と比べかなり安価です。

大手レーシッククリニックでは、無料で事前診療も行っております。

大手レーシッククリニックのほとんどは、東京、札幌、名古屋、大阪、福岡などの交通の便がよい大都市に拠点展開をしているため、
地方にお住まいの人もレーシック手術を受けることが可能です。

安全性の高いレーシックを安価で受けたという人は、大手レーシッククリニックがおすすめです。




・レーシック専門クリニック


価格帯:10〜30万円


<メリット>

最も安価な傾向がある。

レーシックを専門に受けているため、手術症例数は圧倒的に多い

高い技術力と豊富な経験を誇る専門ドクターが在籍しているので安心

レーシック手術機器が最先端のものが揃っている

レーシック手術種類が豊富

大都市にあるので利便性が高い

最新設備があるところが多い

初回適応検査料が無料のところが多い

クリニック全体がクリーンに保たれているところが多い



<デメリット>

レーシック手術以外は対応してもらえないことも多い

担当する医師が診察の度に変わることが多い

1日あたりの手術件数を多くして手術費用が安くなるようにしているため、分業化されて流れ作業のように手術を行う

術前に執刀医に会えないことがある

眼科以外がないため、症状が眼科以外の場合すぐに対応できない




・一般的な眼科

価格帯:25〜40万円


<メリット>

レーシック専門クリニックと比べると手術件数は少ない

費用もレーシック専門病院よりやや高め

一人の医師が最初から最後まで対応するので安心感がある。

眼科治療の全般を相談・診察してもらえる



<デメリット>

手術症例数が少ない場合もある

適応検査料が有料(約5千〜1万円位)である

医師の技量が少し不安

設備が少し古い可能性がある




・大学病院

価格帯:40万円前後



<メリット>

レーシック専門病院に比べて割高

何かあった場合に広範囲な受け入れ態勢で、信頼感と安心感がある

眼科治療の全般を相談・診察してもらえる



<デメリット>

手術症例数が少ない

手術費用がかなり高額

レーシック手術機器が最先端のものが揃っていない

レーシック手術種類が少ない








スポンサードリンク
Copyright (C) レーシックを受ける前に確認しておくポイント. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。