レーシックを受ける前に確認しておくポイントTOP ≫  レーシック ≫  レーシック手術 よいクリニック選び

レーシック手術 よいクリニック選び

スポンサードリンク

レーシック手術において、クリニック選びはとても重要です。

クリニックによって症例数や手術内容・価格・医師がそれぞれ違うので、自分が信頼し、納得できるクリニック選びをするのが大切です。

レーシックで失敗して後悔しないために、信頼のおける医院を選ぶことから始めましょう。

これからレーシック手術を考えている方に、病院を選ぶ大きなポイントを書いておきます。





・専門の眼科医が施術を行っている


経験豊富な専門医が執刀する病院を選びましょう。

専門医が執刀する病院ばかりではありません。
レーシック手術を行うクリニックの中には、眼科を専門としない医師が手術を担当するケースが多々あるのです。


日本眼科学会から認定された「眼科専門医」の施術が受けられるクリニックを選ぶことをお勧めします。

レーシックは、機械を使用して行う手術のため、医師の腕は関係ないと考えている方が多くいるようですが、そんなことはありません。
手術において多くの実績があり、手術を熟知した眼科専門医のいる病院を選ぶようにしましょう。


納得して手術を受けるためにも、セカンドオピニオンで主治医以外の医師から意見を聞いておくのもいいでしょう。

病院によって事前検査の結果に違いがあるなどの報告もあります。

セカンドオピニオンを受けることで、大事な目の手術に失敗しないようにしましょう。




・国家資格を取得した視能訓練士(ORT)が適応検査を行っている


厚生労働省より国家資格を取得した視能訓練士(ORT)が適応検査を担当する病院を選びましょう。

レーシックの検査は、手術の結果を左右する大事な要素の一つです。




・実績、症例数が豊富な病院を選ぶ


眼科やクリニックの開院経過年数と手術症例数を調べましょう。
施設の経過年数や手術症例数が多くても手術を手がける執刀医の経験、手術症例数が少ない場合もあります。


実績数が多いということは、経験によって医師の技術が向上していることが期待できます。
また、体験者からの意見が口コミとしてネットにも流れてきます。

悪い評判があった場合は、その内容を詳しくチェックし、信頼が置けないようであれば避けることが無難です。




・納得いくまで説明してくれること



手術前検査やカウンセリングに時間をかけてくれるか?

手術後のリスクや術後の対応もきちんと説明してくれるか?

術前のカウンセリングを積極的に活用し、ライフスタイルに合わせた最適な矯正視力ができるようにしましょう。
疑問点や不安なことは質問し、すべて解消しておきましょう。


カウンセリングや術前検査の時、レーシック手術のデメリットやリスクをしっかり説明してくれるクリニックを選びましょう。




・むやみにレーシックをすすめない

儲け主義のクリニックは、レーシックが不向きな患者にも勧めてきます。

あなたからお金をむさぼり取ることしか考えていません。
申込みをあおるような病院は避けましょう。

セカンドオピニオンで、複数のクリニックで診断を受けることで客観的な状態を把握し、ご自分の目をレーシックが出来るのか見極めましょう。


また、手術の危険性やリスクを伝える病院を選ぶようにしましょう。




・予算的にも無理がないようにしておく

予算を超えた眼科を選ぶのは避けるようにしましょう。

手術成功率は極めて高いとはいえ、副作用や後遺症の可能性が全くゼロではないため、余裕資金を残しておくべきとよいでしょう。




・設備や機械がきちんとしている


厚生労働省、米食品医薬品局(FDA)許可機器を使用しているか確認しておきましょう。

許可されている機器は症例数も多く、一定の安全基準はクリアしています。

適応検査などでクリニックに実際行って、これらのポイントをチェックし、そのクリニックが本当に大丈夫か慎重に判断しましょう。




・信頼できる


日本眼科学会のガイドラインを守っているか?


18歳未満、重度の糖尿病、アトピー、妊娠中、円錐角膜、白内障は禁忌。矯正量の限度は原則6ジオプターなどのガイドラインを順守しているのはクリニックとして最低限の良心があると言えます。



【参考】日本眼科学会エキシマレーザー屈折矯正手術のガイドライン




・手術後のアフターフォローや保障がしっかりしていること


手術後の検査もきちんと定期的に行われて、手術後の状態をきちんと把握、適切にフォローしているところがお勧めです。

アフターケアがない、もしくは別料金が必要だったりとないがしろになっている病院は避けましょう。

レーシック手術の成功率は、機器の技術進歩によって極めて高いのですが、副作用や後遺症などが起こりうる場合があります。

その時に適切なアフターケアをしなければ、失明などの重度の後遺症に至る場合があるのです。


クリニックによっては、術後の定期健診や視力回復の保証を(無償で)行っているところもあります。

レーシックで失敗しないため、術後の保証サービスがしっかりしているクリニックを選びましょう。




・感染症の心配がない清潔な状態で手術を行っている

手術を行う場所が空気を浄化できるクリーンルームで行われており、使用される器具等をきちんと滅菌処理されていることや、使い捨てのものを使用していないクリニックは感染症の心配がなく、安心でしょう。

判断するポイントは、待合室やトイレ等いつもきれいにしているかどうかチェックするとよいでしょう。




・ 白内障や円錐角膜など幅広い手術に対応できる


眼内手術ができるクリニックは技術が高いと言えます。
感染症などの基本対策も出来ているでしょう。

広範囲の眼科疾患に対応できるクリニックは安心でしょう。


 







スポンサードリンク
Copyright (C) レーシックを受ける前に確認しておくポイント. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。