レーシック 失敗と後遺症

スポンサードリンク

レーシックは元々眼球に触れる手術ではないため、レーシックの手術そのものによって失明することということはなく、今のところそういう事例はありません。

白内障などの水晶体自体を交換するというような手術に比べれば、とても安全な手術です。

問題は失明する可能性よりも、適正な処置が行われずに発生する感染症や合併症によるトラブルの方です。

手術をする前に事前にどのような危険性があるのかをしっかり確認しておきましょう。

事前にリスクも確認しておく事も重要です。




◎レーシック手術後の後遺症


・夜間に光がぼやけたり必要以上にまぶしくみえるハログレア現象

(ハロは、明るい光源の周囲が、にじんで輪のように見える現象です。

グレアとは、暗所で強い光を多いみた時、ギラギラと筋状に広がって見える現象です。

どちらも夜間に信号機や、ネオンなどの光源を見たときに、感じる事が多いです。)


・目の水分が不足するドライアイ

・目の充血

・違和感や痛み

・不正乱視

・フラップ(ふた)のトラブル

・緑内障の可能性



※レーシックの合併症とは?

一番に考えられるのは、角膜拡張です。

角膜の厚みを矯正する時などに調整を失敗してしまうと、この現象が起きてしまいます。

症状としては視力の回復がみられずに、近視、乱視がひどくなった場合はすぐに病院に行って検査をしてもらいましょう。



※レーシック難民

レーシック難民とは、「レーシック手術後に眼に感染症や合併症などの問題が生じたにも関わらず、適切な治療を受けることができず、放置されてしまっている人たち」を指します。

発症率は1,000人に1人以下の割合であり、原因の多くは医師の技術不足及びクリニック側の衛生管理に問題がある場合がほとんどです。

衛生管理がしっかりと行き届いている大手レーシッククリニックで手術を受ける分には、レーシック難民になる確率は皆無に等しいと言えます。












レーシックは元々眼球に触れる手術ではないため、レーシックの手術そのものによって失明することということはなく、今のところそういう事例はありません。

白内障などの水晶体自体を交換するというような手術に比べれば、とても安全な手術です。

問題は失明する可能性よりも、適正な処置が行われずに発生する感染症や合併症によるトラブルの方です。

手術をする前に事前にどのような危険性があるのかをしっかり確認しておきましょう。

事前にリスクも確認しておく事も重要です。




◎レーシック手術後の後遺症


・夜間に光がぼやけたり必要以上にまぶしくみえるハログレア現象

(ハロは、明るい光源の周囲が、にじんで輪のように見える現象です。

グレアとは、暗所で強い光を多いみた時、ギラギラと筋状に広がって見える現象です。

どちらも夜間に信号機や、ネオンなどの光源を見たときに、感じる事が多いです。)


・目の水分が不足するドライアイ

・目の充血

・違和感や痛み

・不正乱視

・フラップ(ふた)のトラブル

・緑内障の可能性



※レーシックの合併症とは?

一番に考えられるのは、角膜拡張です。

角膜の厚みを矯正する時などに調整を失敗してしまうと、この現象が起きてしまいます。

症状としては視力の回復がみられずに、近視、乱視がひどくなった場合はすぐに病院に行って検査をしてもらいましょう。



※レーシック難民

レーシック難民とは、「レーシック手術後に眼に感染症や合併症などの問題が生じたにも関わらず、適切な治療を受けることができず、放置されてしまっている人たち」を指します。

発症率は1,000人に1人以下の割合であり、原因の多くは医師の技術不足及びクリニック側の衛生管理に問題がある場合がほとんどです。

衛生管理がしっかりと行き届いている大手レーシッククリニックで手術を受ける分には、レーシック難民になる確率は皆無に等しいと言えます。











スポンサードリンク
Copyright (C) レーシックを受ける前に確認しておくポイント. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。